『メアリーの総て』エル・ファニング自筆の「フランケンシュタイン」執筆シーン公開(ぴあ映画生活)

出典元:『メアリーの総て』

「フランケンシュタイン」の著者メアリー・アシュリーの、知られざる人生を映画化した『メアリーの総て』。今回、エル・ファニング演じるメアリーが「フランケンシュタイン」を書き上げる、本編映像が到着した。

『メアリーの総て』本編映像

時は19世紀、イギリス。小説家を夢見る18歳のメアリーは、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会い、お互いの才能に惹かれ合う。ふたりは、情熱に身を任せて駆け落ちするも、愛と放蕩の日々は長くは続かず、メアリーに次々と悲劇が襲いかかる。そんな中、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「みんなでひとつずつ怪綺談を書いて披露しよう」と持ちかけられたメアリー。深い哀しみと喪失に打ちひしがれていた彼女の中で、何かが生まれようとしていた……。

今回公開された映像は、メアリーが部屋にこもり、「フランケンシュタイン」のストーリーを書き上げる場面をとらえたもの。誰とも話さず、体を揺らしながら、まるで何かにとりつかれたかのように執筆を進める鬼気迫る姿が映し出される。最愛の存在の喪失、裏切り、そして孤独。これまでの人生の哀しみをすべてを吐き出すかのように執筆を続けるのだ。

メアリーを演じたエル・ファニングは、多くの文献を参考にして撮影に臨んだという。エル自身も「私が座って『フランケンシュタイン』を書いているシーンは全部100パーセント好きよ。重大なシーンね」とお気に入りの様子。文字はすべてエルの自筆というこだわりも光る。

今も「フランケンシュタイン」の本を手元に置いてあるというエル。「時々メアリーの声を聞くために、寝る前にざっと読んだりするわ。本当に美しい文体なの」と本作への愛着をのぞかせた。

『メアリーの総て』
公開中

[ 元祖 裏起毛 ] +3.7℃温かい 裏起毛 レギンス タイツ トレンカの口コミと内容のネタバレ!実態がSNSに流出?

いま、話題になっている・・・
[ 元祖 裏起毛 ] +3.7℃温かい 裏起毛 レギンス タイツ トレンカをご存知ですか?

その評価についてもですが、
Dark Angel (ダークエンジェル)さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容がSNSでかなり流出してるみたいです。

評価内容と口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA