3人に1人ががんで亡くなる日本 “元気に見える”終末期「残された時間」の見極め方と過ごし方(文春オンライン)

東亜産業 CO2マネージャー 二酸化炭素濃度計 アラート機能付きの効果が気になる!体験の口コミ

東亜産業MITさんが出してる東亜産業 CO2マネージャー 二酸化炭素濃度計 アラート機能付きが注目されてて
私も気になってます。(^^)ゞ

ただ、ちょっと口コミとかが
ちょっと??。。と感じるくらい大げさなような・・・気も。。。

出典元:文春オンライン

日本では、2人に1人が人生で一度はがんを経験し、3人に1人ががんで命を落とすといわれる。誰もががんになる、あるいはがん患者を家族に持つリスクを抱えているのだ。

【画像】がんの終末期にはその病態ゆえの「落とし穴」がある

 そうは言っても多くの人は健康な時にそうした事態を想像することはないし、あえて考えようともしない。だから実際にがんと直面するとうろたえ、恐怖に苛まれ、悲嘆に暮れることになる。

 自分自身ががんになるのもつらいが、家族ががんになり、見送る立場になるのもつらい。そこで今回は、家族ががんのターミナル(終末期)になった時に備えて持っておきたい心構えを、終末期医療の専門医に解説してもらう。

本当に満足できるなら
やっぱり気になるし、買ってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
満足している人もいそうだから
買っててみてもいいかもしれないな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA