大銀行の元会長を自殺に追い込んだ「総会屋利益供与」事件 なぜ銀行、証券会社は総会屋の“呪縛”に絡め取られたのか(デイリー新潮)

出典元:デイリー新潮

不正に絡んで、企業トップや担当者が悩んだ末に自死を選ぶ。現実の世界ではもちろん、小説や映画、ドラマでもしばしば見られる展開である。最近では、大ヒットドラマ「半沢直樹」でも、銀行幹部の自殺という出来事が物語の中で重要な役割を果たしていたのは記憶に新しいところだろう。

 かつて実際に大銀行を舞台にした経済事件でも、尊い命が失われたことがある。第一勧業銀行(当時)と四大証券会社を巻き込んだ総会屋利益供与事件だ。

 日本の経済事件を語るうえで絶対に欠かせない存在のこの事件、いったい如何なるものだったのか。

 ジャーナリスト、田中周紀氏によるディープ・レポートをお届けする(本稿は田中周紀著『会社はいつ道を踏み外すのか』の一部を抜粋したものです)。

メディアや雑誌でも取り上げられて有名な
スリージャルビ 埃・毛・液体・ガラス 超軽量万能 スーパーほうきが
気になっています。

商品レビューでも話題で・・・
評価も良いみたい・・・。

 
いいんじゃない~

わたしが気になっているのはコレ・・・

ただ単に、
ネットで人気の商品だから
100%・・・・うけととって良いか。。。。

口コミとかは評判はいいと思うんだよね。

どうしよう。

買ってみたいんだけど悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA