「カメラがない」 半導体不足でハンディカムが品切れ「iPhoneで番組作る」時代到来か(夕刊フジ)

出典元:夕刊フジ

【テレビ用語の基礎知識】

コロナ禍の影響らしいのですが、いまジワジワとテレビマンたちを困らせている問題があります。「ビデオカメラが手に入らない」のです。いわゆる「家庭用ハンディカム型ビデオカメラ」は、人気機種を中心にもう数カ月前から品切れになってきており、SONY製を中心にほとんど入手不可能です。

そして、とうとうここに来て「Vlog(ビデオブログ)」用など、動画撮影のできる一眼カメラも品切れになってきました。

原因は世界的な半導体不足。家電量販店で店員さんに先日聞いたところ「今後かなりの期間、家庭用ハンディカメラが入荷することは多分ないだろう」ということでした。生産を再開するにしても「売れ筋の一眼カメラから」になりそうで、家庭用ビデオカメラは後回しにされそうというのが店員さんの見立て。

実は、われわれテレビマンも家庭用ハンディカメラをよく使います。カメラマンは業務用のビデオカメラを使うのが一般的ですが、「Dデジ」といって、ディレクターが家庭用ハンディカメラを使って撮った映像をかなり番組制作にも使っているのです。ですから、新しいハンディカメラが購入できないのは、テレビマンにとっては結構大きな問題です。

現在は手持ちのものやレンタル機材で対応できていますが、われわれテレビマンの使い方は激しいのですぐ壊れてしまいます。そうなるといずれレンタルも難しくなりそうですよね。

ディレクターたちは、長年の「慣れ」の問題もあって、あまり一眼カメラが好きではありません。ズームなんかもしにくいし、ピントも合わせにくいイメージが強いんです。だからこの半導体不足をきっかけに、もし「一眼はいち早く生産再開されるが、もうハンディカメラは生産再開されない」ということにでもなろうものなら、みんなで一斉に頭を抱えることになりそうです。若いディレクターはまだしも、中年Dたちにとっては深刻でしょう。

ところで最近、iPhone13Proを使って驚きました。シネマティックモードがかなりスゴイ。「テレビもスマホで撮る時代」だなと思いました。スタビライザーなんかをつければ結構キレイ。「これで十分だよね」とその場のテレビマンみんなで驚きました。

ちょっと前に私はABEMAの番組で撮影を実験的にすべてスマホにしたことがありますが、このカメラ不足を契機に、いよいよスマホでテレビを作るのが当たり前になってしまうかもしれませんね。スマホの唯一の弱点は音声ですから、誰かiPhone向けの良いマイクを開発してほしいです。

メディアや雑誌でも取り上げられて有名な
着る毛布 マイクロべロア ルームウェア ガウン フリース ボア メンズ カーディガン あったか おしゃれ カーデが
気になっています。

商品レビューでも話題で・・・
評価も良いみたい・・・。

 
いいんじゃない~

わたしが気になっているのはコレ・・・

ただ単に、
ネットで人気の商品だから
100%・・・・うけととって良いか。。。。

口コミとかは評判はいいと思うんだよね。

どうしよう。

買ってみたいんだけど悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA